まざーぐれいすはカウンセリングと独特の方法で苦しみからの解放を促します。

スタッフ紹介スタッフ紹介

研究生研究生

森脇 真理

森脇 真理MARI MORIWAKI

あなたの自分軸を見つけませんか?

幼い頃からサイキックであることを受け入れられず、封印をしていました。
まざーぐれいすに学び、ありのままでいいのだということを知りました。
ようやくあるがままの自分を受け入れられるようになりました。

現在、セラピストとして活動中です。

ママ友付き合い、子育て、仕事、家族関係での悩み。
人と変わっている事で理解してもらえないことなど、生きづらさを抱えておられる方。
自分の軸が出来るととても心強く、生きやすいものです♪
ご相談お待ちしています。

まざーぐれいすに通いだした当時の私は、家族中(両親、夫婦、兄弟)が不和の中にあり、それぞれがお互いを想い合う気持ちがありつつ心とは裏腹に、トラブル続きの対立の中にいました。

それまでの人生でも、思い通りにならないことが続いていたため、心安らぐ事を知らない綱渡りの人生を歩んでいるようでした。

生きる事はどうしてこんなに困難で辛いのだろう…と思いながらずっと過ごしていました。


当時2人の子どもがおり、子どもにはこんな不幸な人生を生きてほしくない!と、藁をもすがる想いで由利先生の元に通いはじめました。

由利先生は、どん底な状態の私を大きな愛で受け止め寄り添ってくださり、私は今までに感じた事がないほどの安心感に包まれました。

そして自分と向き合う事、人生の仕組みなど必要な事をたくさん学ばせていただきました。

今まで無知で過ごしてきた私にとって、まざーぐれいすとの出逢いは、まるで泥沼の中で眠っていた"本来の私"が、初めて“愛・安らぎの世界”に出逢えたような、心震える想いでした。

学ばせていただくたびに、自分がどんな人間であったかが明確になり受け入れ難い時もありました。

ですが、理解が起こると心から感謝が出来るようになり、どんどんと気持ちが楽になっていきました。

そして今までの私の人生とは違う現実が起こるようになり、いつのまにか、不幸だと思っていた出来事さえにも心からの感謝をしている自分がいて不思議なほどでした。


バラバラだった家族はそれぞれに歩み寄り、さらに深い絆でむすばれてきました。

学びだして2年程した頃に、三男を迎える事ができました。

由利先生と出会い学ぶ事が無ければ家族はバラバラになっていたので三男は存在しなかった…
そう考えると、三男を迎えれたことは奇跡だと感じ感謝の気持ちで溢れます。

以前の私は自分の偏った価値観を通して子育てをしていました。

学ぶうちに、子ども達は天から授かった大切な魂であり世の中のために生きていける魂に親として応援をしていくこと、
そして子どもたちの中にどんなことでも乗り越えていける力があるということを信頼し、共に学んでいくこと…

それを軸に子育てをしていけるようになると、1人1人の人格を以前よりもはるかに尊重して接することが出来るようになりました。

まだまだ子育ての真っ只中でもありますので、これからも子どもたちと共に日々精進していきたいと思っています。


こんな考えに至る事が出来たのも、まざーぐれいすで由利先生から学び、そして共に学び合う仲間の皆様に出会えたおかげです。

もし以前の私のままで生活をしていたら今頃どんな生活を送っていたんだろう…
と想像もつきません。

そんな不幸癖のあった私でも、まざーぐれいすで学ぶ事で人生がかわり、生きながら産まれかわりをさせていただいたんだと思っております。

私はまざーぐれいすで学んだ事から、関わる人も自分を取り巻く現実も全て変わっていく事を体感しました。

最初は私だけの理解でしたが、今では家族や友人もまざーぐれいすで共に学ぶようになり、それぞれの人生が豊かに変わってきています。

今生きにくさを感じてらっしゃる方、もっと心豊かに人生を過ごしたい方などどんな方でも
まざーぐれいすと出逢い学ぶ事で、生まれ変わっていく事が出来ると確信しております。

1人でも多くの方にお逢いし、痛みに寄り添い、その方の中に眠っている 素晴らしい才能をご本人が見つけ出す。
そんな心踊るお手伝いをさせていただきたいです。

出逢える皆様と共に学びつつ、共に心豊かに過ごす事の幸せ、喜びを分ち合いたいとねがっています。

まざーぐれいすでお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。

岡野 俊美

岡野 俊美TOSHi🍀

体験をもとに

1963.11.4.生  A型

父、母を見送り
現在は主人と次男の3人暮らし

親族には、障害、持病を持ってるもの
家族の温かみを求めて
来てくれたもの
個性豊かな人が集まっています

母が他界して気力がなくなり、
【私は何の為に生まれてきたのだろう…】と、思い悩む日々。
そんな時、以前に知り合いの方から教えてもらっていたまざーぐれいすのことをふと思い出した。
その後体験に行ったのがはじめての由利先生との出会いでした。
まざーぐれいすで心のしくみを学ばせていただくうちに、私は今まである出来事をきっかけに「殻」を
かぶっていたという事に気づきました。
過去の小さな失敗から自分を閉じ込めて、夫や周りの人の庇護の元に甘んじていた自分…。
そして、自分のクセを知り、反応がどこにあるのか…?
自分はどんなふうに生きたいのか…?
俯瞰して自分と向き合いました。
すると、
気づきとともに、数々のシンクロが起こり、私の潜在意識の蓋が開きました。
次々と闇の中に潜っていた本当の自分が、光とともに現れてきました。
やっと本来の自分と出会える事ができたのです。
自分が思っていた自分と、本来の自分が大きく違っていたことにも気づきました。
【私は何のために生まれてきたのか?】
自分の役割、使命に気づき、本当に自分を好きになることができました。
すると物事の捉え方が変わり、日々の生活が楽しくなりました。
本来の自分に戻ると、毎日がこんなにも楽になるんですね。
家族のまとまりもできました。

6年前に母を見送った時とは違い
父を見送った時には、まざーぐれいすでの学びがあっったので、
母の時に恥ずかしくてできなかったこと(ハグしたり)
言えなかったこと(大好き!愛してるよ!ありがとう!)
父と娘、お互いにわだかまりなく、寄り添う事が出来ました。
父も私もいい関係で、お別れする事が出来ました。
ひとまず、父と母との肉体とは、お別れしましたが、
笑顔の父、母は私の心の中にいつでもいます。

そして、沢山の個性豊かな家族と共に人生を歩んでいます。

昔からの友だち、周りの人たちの私に対する眼差しや対応も変わってきました。
今までにもまして、深い話の相談に乗ることも多くなりました。
「まざーぐれいす」で学んだこと。
人生は自分が向き合ったぶんだけ、しっかり変わることができることを確信しております。
過去と他人は変えることができないけれども、自分はいくらでも変わることができる。
あきらめないで…
すっかり変わった私のように、まだ見ぬあなたも…
ご自分を知って、今までの自分を許し、好きになり、日々楽しく楽に人生を歩む事ができますように。
生きづらさを抱えておられる方、今の生き方を変えたい方、
介護をされてる方、障害、病気の家族をお持ちの方、
毎日を楽しく過ごされたい方々に
そをっと寄り添えるセ、ラピストであり続けたいと願っております。
「まざーぐれいす」で新しいあなたとの出会いをお待ちしています。

藤井 善美

藤井 善美YOSIMI FUJII

いつも最高のものを受け取っています!

1963年 大阪生まれ 芦屋在住
追手門学院大学文学部心理学科卒業 専攻 構え心理学

人は、人と触れ合うことで気づき、学び、成長していく。
自分の周りは総鏡張りの世界。
出会いが増えると思いがけない自分をまた発見できます。
「まざーぐれいす」という「実践、心の道場」で切磋琢磨していく中で
初めて本当の自分が開花した人は多いのではないだろうか。
私もその一人です。
幸せとは大仰なものではなく、日々の中に感じることであると気づきました。

現在、セラピストとして活動中です。
ご予約をお待ちしております。

「まざーぐれいす」とご縁ができてからのこと
もし、私が宮本由利子先生に出会っていなかったら、まざーぐれいすの皆様と出会っていなかったら
今の私は存在しません。
当時、私の人生は、二進も三進もいかなくなっていて、何年も何年も同じことが堂々巡りで、負のスパイラルにはまっていました。
ある時、写真に写った自分の姿を見て愕然としました。
「私はこんなんじゃない!」でも、もうどうすればいいのかさえわからなくなっていたのです。
表情は暗くなり笑うことも忘れ、自分が何をしたかったのか、何が好きだったのかも思い出せなくなっていました。
そして、今までの自分を責めて、過去を振り返っては
「あの時、間違っていたんだ。ああしなければよかったのに。」と原因を分析して悔やむばかり。
また、将来の見通しも立たず、不安と恐れに苛まれるばかりの毎日でした。
友人の紹介で、2016年5月23日、ようやく宮本先生とのご縁が繋がりました。
宮本先生はいつも予約がいっぱいなのですが、緊急性を感じられ、お忙しい中、ねじ
込むように私のセッションをしてくださいました。
まず最初に誓ったことは、「あらゆる価値判断を横におき、一瞬一瞬気付きと共に在る(生きる)ことを
選びます。
私の一言葉一言葉、立居振舞、行動が私の人生を決めていきます。」ということでした。
そして、感情は本当の自分ではないということ、感情を観ている観照者の立場でいること、自分は本来
愛そのものであり光そのものであることを教わりました。
いつも、すぐに感情的になり、その度に自己嫌悪に陥っていましたが、そのような私は本当の私ではないことを知り、まずはそれだけでもとても心が救われました。
幼い頃からなのか、いつの頃からか、自分に硬い硬い鎧をまとって生きてきた私。
そして、いつも思考、分析して、ハートで感じないようにしてきていた私の心を開いてくれたのは、宮本先生であり、まざーぐれいすの皆様でした。
自分にも他人にも厳しく、正しい、正しくないという価値判断でマイナスな点ばかり
に目がいっていた私は、温かくてここちのいい皆様のハートに包まれ、心から安心したのだと思います。
人の心を開くのは、北風ではなく太陽なのですね。
個人セッションはもちろんのこと、研究生になると、共に学ぶ皆様とのセッションからもたくさんの気付きと深い学びをいただきました。
セッションは、自分と真正面から向き合う真剣な場ですが、そこには温かい愛が溢れているのです。
それが、心に染み入って、その愛を感じられる自分になってきた時、ふわっと心が柔らかくなるのです。
共に学ぶ信頼できる仲間がいることが、どんなに安心できて楽しいことでしょう。
自分と向き合うこと、そして、自分の内側をきれいにしていくことをコツコツしていると、本当に人生の軌道修正が起こります。
本心の自分に戻ると、自分の周りのたくさんの、見えるエネルギーも見えないエネルギーも応援してくれるようになります。
自分一人、暗闇の中で右往左往していた時には思いもしなかったくらい人生がスムーズに動き始めるのです。
そして、背中を押されるように、ついに私は2018年4月15日、54歳で結婚することができました。
まざーぐれいすの皆様が心を込めて折ってくれた千羽鶴が舞う中、まるで魔法のように。
現在も、新たな気付きと深い学びを継続しています。自分の内側がきれいになればなるほど、自分の周りも変わってきます。
小さな光の波紋がしだいに広がって、やがては全てが光に包まれる、そんなイメージをもって生きていきたいと思います。

小野 佐知子

小野 佐知子SACHIKO ONO

光につつまれて ~あるがままに生きる~

1965年12月25日の昼前、兵庫県明石市に生まれる。
小学校4年生の時に網膜色素変性症と診断される。
最悪の場合、20歳までに失明すると言われるが幸いなことに大学を出るまで普通に通えた。
最後に見ることができた景色は阪神大震災の時の景色だった。
その後、弱視の時期を経て40歳ぐらいまでには全盲になった。
「見えなくなってきて見えてきたモノ」というタイトルで講演をしたり小学校の福祉学習や大学のUD(ユニバーサルデザイン)授業なども行っている。

現在、セラピストとして活動中。
ヒプノセラピーを得意としております。


趣味:バンジョー

私は、自分の生まれた意味をずっと、探していたように思います。
私は網膜色素変性症という目の病気で色々な体験をいたしました。
完全に見えていた時から、いちばんつらかった弱視の時期を経て今は明暗もわからない全盲の状態です。
そんな中、父が突然亡くなりました。
それから毎日、朝目覚める度に、これからの色々な不安で、押し潰されそうな気持ちになっていました。
一周忌を過ぎても、希望を見いだせずに途方にくれていた時期でした。
そんな私が由利先生と出会ったのは2016年8月6日でした。
人前では泣けなくなっていた私が、由利先生の温かさに涙が出たことを覚えています。
そして、ずっと求めていた何かは、まざーぐれいすで学べばできるのかもしれないと思いました。
かつての私のように、お金や物では補えない苦しさを抱えている人、災害に出会い自分ではわからないうちにトラウマを抱えてしまった人、大切な人を亡くした人…
そんな誰かのために、いつか私にできることが何かあればとずっと思っていました。
誰かのために何かしたいのに…
でも何もできない自分が悲しくて悲しくて涙が止まらないこともありました。
そんな想いを抱えていた私は、由利先生やまざーぐれいすに出会えたことを運命だと感じました。
学んで行くと、いろいろなことがわかってきました。
生まれてからの一番初めの人間関係、親や家族に丁寧に向き合うことの大切さを知り、私の家族はお互いにちゃんと向き合っていなかったということにも気づきました。
もう私の両親は亡くなってしまっていますが、今は弟と二人、親ができなかった分、ちゃんと家族をやり直していくこと、それが一番初めに学んだことです。
自分の家族をやり直し、周りの人たちと紡いでいくこと
それが何よりも大切だということをおしえてもらいました。
寄り添ってもらうことのありがたさをしみじみ感じました。
ベーシックコース、フォローコースはマンツーマンのセッションですけれども、研究コースに入ってからは研究コースのメンバーとの合同セッションもあり、自分の幅が広がりとても有意義です。
まーざーぐれいすの皆さんは、私たち姉弟を温かく見守り、寄り添ってくださいました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
由利先生のもとで、たくさんの事を学ばせてもらっている中で、潜在意識の癒しというものがあることを学びました。
その方の超えていく力を信頼して、寄り添うことができるのなら、素敵だと思いました。
過去と他人は変えることはできませんが今なら、亡き父母にいえます。
「お父さんお母さんありがとうございます。私は今胸を張って自分の道を歩んでいます。」
現在の自分が受け止め方を変え、今を生きる、ここに生きる。
自分を変えることができれば、未来も必ず変わっていきます。
そんな、誰かのお役に立てるために、私が生まれてきたのなら光栄です

小野 耕一

小野 耕一KOUICHI ONO

私があなたの背中をおします

理系の大学院を卒業
企業の開発部門に就職
網膜色素変性症という病気を発症し、32歳で徐々に視力を失っていく
現在、自宅で鍼灸・マッサージの小野治療院を営んでいる
心と体の両方を癒すセラピスト
得意なのは、ヒーリング
ちなみに、ただいま花嫁募集中!

趣味:サックス

なかなか踏み出せない最初の第一歩も、誰かが背中を押してくださることにより人生は変わります。
視力を失ってから関わる人たちの関係性で様々な問題を生じました。
私自身も、いろいろな思いがありながら客観的な自分を生きられず、辛い時代がとても長く続いていました。
当時の私は、周りの環境に振り回され孤独に陥り、まるで囚われの身のような日々の中で身動きとれない状態でした。
やがて視力を失っていくとわかり身につけたのが、鍼灸・マッサージの資格です。
由利先生と出会ったきっかけは、2012年春、以前、私が勤めていた整骨院に身体のメンテナンスで患者さんとして来られたのが始まりです。
私には、病気が原因だけではないかもしれませんが、長年行動に移せなかったことがありました。
・職場からも遠く住まいには適さない繁華街のアパートからの引っ越し
・心身ともに過酷な労働条件の職場を変えること
・父母亡き後の実家の整理
・長年の姉との確執から起こるギクシャクした関係性の改善
・周りから「絶対に無理だ!」と言われていた開業への夢の実現
由利先生とは最初から波長が合い、何気ない会話を重ねるうちに、もしかしたら前に進めるかもしれないと思い、2016年【まざーぐれいす】に入門致しました。
そして、学びと気付きにより全ての悩みは受け止め方次第であると体感致しました。
今ではこれら全てのことが解決し、更に新しい夢も広がっております。
2017年12月に実家で開業の夢を果たし、姉と仲良く暮らしています。
今後の願いは、セラピスト・治療家として患者さんの心と身体の癒やしに命ある限り尽くしたいです。
祖父母や父母が残してくれた、この自宅兼治療室に、更にエネルギーを注ぎ込み、家族友人だけではなくご近所の方々も集う、癒やしの場として提供させていただきたいと願っております。
まざーぐれいすの皆様のご尽力によって蘇った我が家を、有効に使っていただくことができると嬉しく思います。
現在では、春のお花見会、納涼会、お誕生日会、親睦会、クリスマス会、忘年会などで、皆様と交流をさせていただいております。
感謝の日々です。
意識を変えることで人生がかわります!
それを多くの方々にお伝えしたいです。
是非、私の治療を受けに来てください。
次に私があなたの背中をおさせていただきます。
ありがとうございます。

藤井 美智江

藤井 美智江MICHIE FUJII

【自立への道】
~今、生きることが辛く、しんどいと思っているあなたへ~


私はかつて大切な人や、大切なものを失い、健康も夢も希望も気力も、そして心さえも失いかけたことが何度もありました。まさに生きながら死んでいる状態でした。

そんなことにも気がつかず、ただただ無意識に長い時を過ごしていました。
そんな私を見て宮本先生は、「長い間、辛い人生を歩んで来られたんですね。」と言って私の痛みに寄り添ってくださいました。

自分の思いと反する出来事を受け入れられず許せなかったこと、無意識に自分も周りの人をも傷つけていたことに【まざーぐれいす】で気付かせていただきました。
それが、私の心が溶け始めた瞬間でした。

それからは、まず自分と向き合うことから始めました。
自分を客観的に知ること
自分を受け入れること
あるがままの自分を愛していくこと
これらのことをはじめ、【まざーぐれいす】では本当に多くを学ばせていただきました。

・人は失敗から学ぶ。
・誰彼のせいにするのではなく、自分と向き合い、人に頼らず自立して、自分で乗り越え解決していく力を備えている。
・人は、どんな時でも、どんな出来事があっても、やり直すことができる。
・過去は変えられないけれど、未来は変えていくことができる。
・物事や、出来事が人を 幸せにしたり、不幸にしたりするのではなく、物の捉え方、考え方次第、どこに焦点を当てるのかによって、苦しみを喜びに変える事ができる。
・どんなに辛く苦しい事もチャンスに変える事ができる。
・そして、その答は全て自分の中にある。

明確な羅針盤さえあれば
人は心に思うものになる

これらの事を学び、生きながら死んでいた私が、生きながら生まれ変わり、今も再生の道を仲間と共に歩んでいます。

諦めたら、そこで終わりです。
どうか希望を捨てないで下さい。

【まざーぐれいす】の扉は、いつも開いています。
いにしえから揺るぎのないもの、変わらないものがあります。
真理はひとつと言うことを学び、共に成長していく仲間を心からお待ちしています。

山路美津子

山路美津子Mitsuko Yamaji

私は 香川県の 農家の長女として生を受けました。

月足らずの極小未熟児で 小さな小さな赤ちゃんだったそうです。
未熟児なので体も弱く両親は私を育てるのに大変苦労したと 聞いております。
とにかく(死なせたくない💧)との一心で十分に愛情をもらい ました。

大切なあまり何でも言うことを聞いてもらい 、
その副産物からか我儘に育ったのかなと思います。

3人姉妹の長女ということもありながら 、
自分の希望でさっさと 神戸の短期大学に進学しました。
結局実家は妹がついでおります。

結婚願望はあまりなくて、背が高いのと収入が安定していただけで結婚を決めてしました。
そんな夫とは考え方も全然合わなくて並行線で、よくケンカもしたものです。

夫は、思い込んだら真っしぐらで突っ走る性格だったので、
いつも爆弾を抱えているような日々でした。
おまけに転勤族で、夫の転勤で行くとこ行くとこで何やかや意見が合わなく大変でした。
競馬が大好きで御殿場にいた頃は東京まで行って賭けごとをしていたようです。
7回の転勤で倉敷に落ち着いて家を建ててからは、夫は8年くらい単身赴任をしていました。

お互いが好きな事をしてため、生活費がよくたりなくなりました。
そのたびに実家の母が出て来ては助けてくれました。
母のおかげで今の私があると思います。
【お金は天下のまわり物】だと思いこんでいた世間知らずの私でした。
そんな私ですが仕事をするなら、(誰かの役に立つ仕事がしたいなあ~)
と若い時から思っていたところ、健康の情報を伝える仕事がちょうどうまく見つかりました。

経済観念がないので、 なかなか お金儲けにはなりませんでした。
まあ人が喜んでくれるからいいかなぁという思いで続けていました。

そんな時、知人の紹介でゆり先生と出会いました。
初めてのセッションで
【根っこを綺麗にすると上に咲くすべてのものは綺麗に花が開くのよ🌺】
との言葉がささりました。

精神が一番だと信じていましたのでなるほどその通りだと通い初めました。

その頃の 私の主語、話し言葉は ほとんど私は…
わたしだったら…
私、私ばかりで 自分中心でした。

岡山からまざーぐれいすに、毎月通うようになり、そんな私も知らず知らずの内に変わってきたのです。

話す言葉も、主語が 【私から あなたへ …】
【あなたから 私たち…】
というように 幅広く 物事を観られるようになってきました。

周りの皆さんがとても苦労しておられる仕事の集客の方も、
自分が丁寧に 誠実に 自分らしく接することによって、
今までと違った方々が来られるようになりました。
しかもほとんど苦労をせずに 人から人へと集まってきてくださいました。

【周りは鏡、自分の魂磨きをすること。結果はついてくる】と身にしみました。

健康の仕事を通して出会う方々も、
心の悩みや 家族間の辛さ を相談される方が増えてきました。

定年退職後 体調のよくない夫との関係性も変わってきました。
今でも頑固さは変わりませんが 私が変わったせいか 、居てくれるだけで感謝の気持ちが溢れてきます。
夫は足が悪いので私が 、足代わりに車でどこへでも連れていってあげています。


岡山と 神戸明石など 離れていてもまざーぐれいすの仲間は、 いつも 気軽に 仲良く接してくれて
一緒にコンサートに行ったり、食事をしたり、 この間も愛媛県での 旅行に 参加したり…楽しいです。

お会いするたびに 新しい情報の 交換をしたり 大変励みになっています。
なぜ極小未熟児だった私が 人の役に立ちたいと思ったのか…

今ならわかります❗️

私は セラピストで、人様の痛みによりそうのが、 役割使命だと 理解できました。
得意なことは、すぐ 誰とでも仲良くなれることです。

私の 心の扉はいつでも空いているので 受け入れることが楽に出来るのです。

いつでも気楽に声をかけてください。
鏡であるもう一人の 自分(あなた)にお会いしともに魂を磨いていきたいと願っています。

ご縁をお待ちしています

山路美津子

大西 優

大西 優YU ONISHI

「私はまざーぐれいすで、自分の内側をしっかりと見つめ 癒していく」

心のほぐし方や意識の向け方を様々な分野から学ばせて頂いております。

まざーぐれいすに通う以前の私は何も知らず、
"本当に大切な人を大切にする"という事が理解できずにいました。

それは、自分の内側と向き合うことを何よりも恐れていたからです。

欲のまま感情のままを生きるのではなく、本来の自分が喜ぶこと。

相手に合わせて我慢する癖や、エゴや妄想の中に埋もれ、何気ない一言に勝手に傷つ
き、辛く悲しい日々を過ごす事もありました。

頭では理解しているのに、なかなか心が追いつかず、視野の狭い考えでしかいられない自分がいました。

心と一致していない時だれにも話せず、どうすればいいのかもわからず自分自身を責め苦しみもがいていました。

そんな時由利先生は、私の心に寄り添い愛で包んでくださいました。

欲しいものを手に入れたときの喜びではなく、本当に価値あるものを感じ理解した
時、何にも代え難いこの上ない感謝で溢れました。

繰り返し勉強していても、失敗する事もたくさんありました。

その度に由利先生は、どんな状態であれ突き放す事なく愛で包み、また本来の自分が生きたい光の道へと導いてくださいました。


自分という存在を愛せたらそれだけで満たされ、光に包まれることを教えてくださいました。

そして、その様に育ててくれた両親がいることに気付かせて頂きました。

痛みに寄り添い、

見護ってくれる

聴いてくれる

話してくれる

成長を待っていてくれる

一緒に考えてくれる

そんな私が目指している事を惜しみなくして下さるゆり先生を筆頭に、まざーぐれいすの方々に助けられ救われました。

ゆり先生に出逢っていなければ、きっと今の幸せな私はいないです。

宮本 あいちゃん(猫ちゃん)

宮本 あいちゃん(猫ちゃん)AI MIYAMOTO

ちっち

ちっちChitti

幻のセラピスト

運が良ければ出会えます!
何と今は無料です。
得意は、傾聴とハグです。

オブザーバーオブザーバー

森脇 直人

森脇 直人NAOHITO MORIWAKI

私がまざーぐれいすと出会ったのは、人生に悩み苦しんでいた時でした。
初めて電話で宮本先生の声を聞いた時、不思議と涙が出てきたことを昨日のことのように覚えています。
その一声で何故かそれまでの苦しい出来事から救われたような気持ちがしたのです。
その後、まざーぐれいすに通うようになり、私の人生は一転しました。
本来の自分に目を向け、意識的に生き始めることができたように思います。
物事に対する見方が変わり、誰もが心の平安や幸せを求めている同じ人間ばかりだと理解しました。
それを理解しただけでも、自分自身が楽に生きていられると感じました。
その後1年も経たない間に本来の自分が望む、人を支える仕事の話が舞い込み、流れるようにして転職することになりました。
これは、私にとって奇跡的な出来事でした。
現在私は、僭越ながら職務を通じて少しでも多くの方々にまざーぐれいすでの学んだ幸せへの道の進み方を共有したいと思い日々励んでおります。
まざーぐれいすと出会えた後の奇跡は数え切れず、これは、その一つに過ぎません。
紛れもなく、まざーぐれいすと出会えたことが、私の人生最大の幸せだと言えます。
皆様にとっても、まざーぐれいすがそんな存在となりますことを心よりお祈り申し上げます。
最後まで御一読いただきましてありがとうございます。

宮本 泉

宮本 泉IZUMI MIYAMOTO

私はケアマネージャーとして毎日、高齢者とその家族にお会いしています。
それぞれ困っておられる事がありますが、人生の最終面と言えるこの先の生活を丸ごと抱え込む事なく自立支援の視点から残されたご自分の力で続けて行ける様に、 専門知識を提案してサポートしています。
この仕事に携わってから20年になりますが、まざ―ぐれいすの宮本先生にお会いするまでは、説明し難い不安を持ち続けており、世界で一番不幸せだ、と思い悶々とした日々を過ごして参りました。
宮本先生にお会いしてからは、徐々に人生の仕組みを理解出来た事で、私の中の言われのない不安や悶々とした気持ちは、自尊意識の低さ故だった事を痛感させられました。
それからは高齢者に何か重大な問題が起きても丸抱えする事がなくなりました。
問題を明確にして誰の問題なのかを明らかにする事が出来るようになりました。
アクシデントが起こっても事態を俯瞰して観察し、冷静に対応する事が出来る様になりました。
人生の羅針盤までお導き下さった宮本先生と、健康な身体に産んでくれた母に毎日感謝しながら、私はこれからもたくさんの高齢者の方々の自立支援に力を注いで参ります
宮本先生ありがとうございます

白石 晶子

白石 晶子AKIKO SIRAISI

私がまざーぐれいすの由利先生に初めてお会いしたのは、10年もうつの生活を続け、仕事を辞めて家でずっと寝ている夫のこと、
2人目不妊のこと、長男の難しい育児のこと、そして自身も乳がんになり、左胸の全摘手術を受けた、その後でした。
それまでの私は、自身に起こる様々なことを不幸ととらえ、「なぜ私にばかりが苦しいことが起こるのだろう…」と思っていました。
不幸だと思えることを一つ一つ数えては「自分は幸せになれない!」ということの確認作業ばかりしていました。
まざーぐれいすでは伺う度に自分の内面のドロドロと向き合うことになり、正直、覚悟なしに伺うことができませんでした。
しかし、由利先生は真正面からきちんと私に向き合ってくださり、真理に導いて下さいました!
もう、怖いものはないと思えるようになった時、人生の仕組みや、全ての出来事は人を不幸にはしないという真実を理解することができました。
私の捉え方が変わると、私の口から出る言葉も変わり、まわりのひとの生活も変わりました。
夫は忙しく働けるまで回復しました。
2人目も五年生になりました。
長男は大好きな友人達に囲まれて、大好きなことを毎日キラキラした目でしています。
変えられるのは自分と未来。まわりの人と過去は変えられない。
そしてまわりの人と自分は映し鏡。そんな人生の仕組みを知ればまわりの環境も変わり、生きやすくなりました!
豊かに生きるには叡智と本当の優しさが必要であること。
お金より、勉強ができることより大切なもので人生はできていること。
まざーぐれいすでは人生で一番大切なことを教えて頂きました。
由利先生やまざーぐれいすに集う全ての方々に感謝しかありません。

ご予約・お問い合わせは、お電話又はメールにてお受付しております。
また、ご予約のキャンセルは前日までお受付しております。

  • お電話でのお問い合わせ 078-913-7002 078-913-7002 営業時間:AM9:00~PM18:00 (定休日:不定期)

  • メールフォーム
  • スタッフ紹介
  • 店舗概要
  • インフォメーション
  • 受講生の体験相

ページトップへ