まざーぐれいすはカウンセリングと独特の方法で苦しみからの解放を促します。

インフォメーションインフォメーション

【赦すと言うこと・・・】

  • 2019年10月01日

  • ミニレッスン

明石のカウンセリングルーム「まざーぐれいす」

代表の宮本由利子です。


【赦すと言うこと・・・】

長い人生、何度かこのテーマで学んできましたが

私自身が初めてこのテーマと真剣に向き合ったのは30数年ほど前です。

その時は 色々な情動を解放させた後、涙が込み上げてきて、

小さな自分の姿が観えてきたのでした。


【このように未熟だらけの自分が赦されて、生かされ、この世にある。

 大いなる エネルギー 、見える、観えないに関わらずそこにある存在

 自分たちを取り巻く愛と光の恩寵

 赦されない人などいない…】と


大きな気付きから胸の中に風が通ったような…

とても楽になったのを覚えています。




もっと若い頃は 親を理解できず、嫌い、憎み、

(ただ自分を終わらせたい。死にたい)と思うような 日々でした。

恥ずかしい話でしたが、誰かを赦せない自分を赦すが先でした。



その後、何度かカウンセリングにおいて、

身を震わせて家族(夫、舅姑、嫁、中には我が子) ○○を赦せないと

言われる方々と向き合うことがありました。


こういう想いを持たれるクライアントさんがあるということは

自分の中にも、まだその念が残っているのだろうと

一人でミニ過去退行やら前世療法して自分自身を癒してきました。



しばらく そういった 思いが影を潜めていましたが

アセンションの影響なのか、

最近、特に、また激しい 念【慢】を 抱えておられる方々と

向き合うことになりました。


自分自身に反応はないものの、苦しんでおられるお姿は、

「お辛いだろうな」と

とにかく痛みに寄りそってまいりました。



人間の感情の中で一番最後に残るのは「嫉妬」だと思います。

内側ではとっくに赦しているのだろうけど、そのことを口にすると、

ご自分が負けを認めたように感じておられることがあることに気づきました。


【赦せない 】…のもとは、結局、

勝ち負けの世界(慢=欲)だったのですね。

でも、それをバネに生きておられる方のあることを知りました。


「憎しみを手放し楽になりましょう」

もうそんなことを言うことはまずありません。

ご自分の感情を観察してあげて、どうぞ心ゆくまで燃焼してください。

そうすれば、勝手にお腹の底の方から(潜在意識の蓋が開き)

強い力がやってきて ハッピーになれるんです。

そして私は、少し離れたところからイメージします。



”大切なその方が

愛と光に満ちた 大きな繭の中に包まれ、溢れるほどハッピーが降り注いでいる…”って



もしよかったら どうぞご自由にこの方法を使ってみてください。

投資金もいりません。

案外うまくいくかもしれません。

なにより、お相手の方よりもご自分が楽になられますよ。



(ゆりばあ 楽に生きられる引き出し)



ご予約・お問い合わせは、お電話又はメールにてお受付しております。
また、ご予約のキャンセルは前日までお受付しております。

  • お電話でのお問い合わせ 078-913-7002 078-913-7002 営業時間:AM9:00~PM18:00 (定休日:不定期)

  • メールフォーム
  • スタッフ紹介
  • 店舗概要
  • インフォメーション
  • 受講生の体験相

ページトップへ