まざーぐれいすは、カウンセリングと独特のセッション方法により、気づきとともに人生の軌道修正が起こります。学ばれた皆様が、本来の自分を見つけて幸せな人生を歩んでおられます。

ブログブログ

それぞれの立場で

  • 2020年05月07日

  • 小野 佐知子

兵庫県 明石市 朝霧 カウンセリングルーム まざーぐれいすです。

まざーぐれいすでは、 一般の方の カウンセリング の仕事とともに、
ヒーラーさん セラピストさん カウンセラーさんの レベルアップのセミナーも同時に行っております。

いつも小さなまざーぐれいすに意識を向けてくださり、ありがとうございます。💐



メディアを見ているとどんどん不安にさせられるかもしれません。
繰り返し繰り返し、マイナスな情報があふれています。
これは人々を不安に陥れる、悪い宇宙人の侵略か?!?
そんなふうに笑い飛ばせれば、もっと楽になれるのかもしれませんね?

ありがたいことに障害福祉のヘルパーさんは、いつものように平日に来てくださいます。
それが日常を感じられてほっとしますね。
ささいな事に日常を感じられて、ありがたいです。

先日、必要があって緊急宣言後に初めて買い物に行きました。
誰にも迷惑をかけないように1人で出かけましたが、ピオレの中の顔見知りのお店屋さんの方が声をかけてくださり、
警備の人を呼んでくださいました。
やってきた警備の方は一度会ったことのある方でした。

肩に手を置きサポートしてもらいながら買い物をしてゆきます。
コロナちゃん騒ぎに過敏になっている人がいたとしたら嫌かもしれません。
「ごめんね、濃厚接触になるかもしれないのに申し訳ない。」と心の中でお詫びを言いました。

でも顔見知りの人たちは誰一人、嫌な顔をもせずむしろみんな笑顔です。
「こんな時だから気をつけてね」
「うん、また会いましょう」と
お互いに笑顔で別れました。

腹が決まっているつもりの私ですが、それでも少し緊張して買い物にゆきました。

ということは…
いつものようにヘルパーさんに買い物をお願いしていましたが、
きっと彼女たちも今の時期はいつもより緊張して買い物をしてくれていたのかもしれない…
と気づきました。

色々なことで当たり前のことが当たり前ではないことに気づきました。
いろんなお店が営業を自粛している中ドラッグストアーやスーパーや、開いているところはありがたいし開いてて当たり前のように思えてます。
でもそこで働いている人は、開いているお店が少ない分自分たちが働いているお店に人が殺到していることを手放しで喜んでいるのでしょうか…?

医療現場で働いている人たちは、仕事としての強い使命感と、
自分が保菌者になっていて自分の家族や回りの人たちにもしかしたら感染させてしまうかもしれない…
という不安との間で葛藤しながら働いてくださっているのかもしれません。

自分が感染したくない!
誰かにうつされたくない!
と、ただただそれだけを考えている人の中には、疑心暗鬼で自分の不安を怒りという形に変えて誰かに八つ当たりをしている人がいるかもしれません。

反対に、知らないうちに自分が保菌者になってしまっていたら誰かに感染させてしまうかもしれないからそれが心配!
と憂いている人たちもいらっしゃいます。
商売をしたいけど、この状況でお店を休業しなければならない人たちもいると思います。
そんなこと、全然考えずに自分の欲望のままに行動してしまっている人たちもいるかもしれません。

みんなそれぞれに立場も違うし 考え方もそれぞれだと思います。

でもね、今は少し立ち止まって自分以外の誰かを思いやるってことも必要なのかもしれません。 
誰かを思いやることは、自分のためでもあるかもしれません。
誰も傷付けることなく、みんなが幸せになる方法がきっとあると思います。
それを信じて☆☆☆

小野 佐知子

ご予約・お問い合わせは、お電話又はメールにてお受付しております。
また、ご予約のキャンセルは前日までお受付しております。

  • お電話でのお問い合わせ 078-913-7002 078-913-7002 営業時間:AM9:00~PM18:00 (定休日:不定期)

  • メールフォーム
  • スタッフ紹介
  • 店舗概要
  • ブログ
  • 受講生の体験相

ページトップへ