まざーぐれいすは、カウンセリングと独特のセッション方法により、気づきとともに人生の軌道修正が起こります。学ばれた皆様が、本来の自分を見つけて幸せな人生を歩んでおられます。

インフォメーションインフォメーション

"はじめてのおつかい"をみて

  • 2020年02月26日

  • 小野 佐知子

兵庫県 明石市 朝霧 カウンセリングルーム まざーぐれいすです。

まざーぐれいすでは、 一般の方の カウンセリング の仕事とともに、
ヒーラーさん セラピストさん カウンセラーさんの レベルアップのセミナーも同時に行っております。

いつも小さなまざーぐれいすに意識を向けてくださり、ありがとうございます。💐


私の大好きな番組に「はじめてのおつかい」があります。
私も大学生くらいだった頃(青島幸男さんが都知事になる前ですから、もう随分随分前です🤣)、
その頃からの私のお気に入りの番組でした。
 
それから随分時が経った今でも「はじめてのおつかい」は特番でやってくれていて、
やっぱり私のお気に入りです。


ある時から、この番組に出てくる小さな子どもたちの一生懸命な姿を見るたびに涙が溢れてくるようになりました。
「あれ?大学生の頃はこんな場面でこんなに涙は出てこなかったよ!?なんでだろう…?」
泣きながらでも自分のおつかいをなしとげようとする小さい子の一生懸命の姿に、何故か涙が溢れてきます。

そんな大好きな番組が今年もお正月明けにありました。
今年はゆっくりとは見られなかったのが残念でしたが、
ある男の子Kくんの話しが印象的でした。

このエピソードの後半から見たのですが、Kくんは3〜4歳ぐらいにもかかわらず、
一山超えるぐらい何キロも離れた学校にお姉ちゃんの忘れ物を届けに行くというおつかいでした。

ですが、やっと届けた忘れ物はお母さんが渡し間違ってしまっていたそうで、目的のものではありませんでした。
それでもお姉ちゃんは「ありがとう」と言ってくれるのですが、Kくんは複雑な顔をしているようです…。

帰宅しおつかいは未完了ではありましたが、お母さんもねぎらってくれるのです。
が、Kくんは納得がいかない様子。

1往復し、何キロも離れた学校に行くことは大変なことでつらいとわかっています。
だけどKくんは任務を達成できなかったことが悔しかったようで、泣きながら「また学校に行く!」と決意するのです!

そして、もう一度お姉ちゃんの忘れ物を届けに行きました。
早くしないと授業が始まってしまうので、
Kくんは最後は走りながら…
転んでも…また頑張って走ってゆくのです。

それを見ていると涙がぽろぽろ ぽろぽろ…
私が泣いてしまいます。

そしてなんとか無事に、今度こそ忘れ物をちゃんとおねえちゃんに渡せた彼の顔には、
達成感の喜びにあふれていました✨

小さなお子さんであっても、何かを最後までやりとげられなかったら不完全燃焼な面持ちになるんですね。
そして目的をちゃんと達成できたら、少しお兄ちゃんな顔になってほんの少し大人になるのかもしれません。

目的を途中で断念してしまうと未練が残ってしまいます。
たとえ失敗に終わったとしても、 
目的に向かってチャレンジすることはやらないで後悔が残るよりも、納得できるのかもしれませんね。
はじめてのおつかいを見ながら、そんなことを思った私でした。


小野 佐知子

天井貼り

  • 2020年02月23日

  • 小野 佐知子

兵庫県 明石市 朝霧 カウンセリングルーム まざーぐれいすです。

まざーぐれいすでは、 一般の方の カウンセリング の仕事とともに、
ヒーラーさん セラピストさん カウンセラーさんの レベルアップのセミナーも同時に行っております。

いつも小さなまざーぐれいすに意識を向けてくださり、ありがとうございます。💐



今日は まざーぐれいすの 一室の天井にクロスを貼りました。
女5人で素人ばかりの初体験です!
椅子に立ち上がって四角いシートをはってゆきます。
まず角っこから。

私と由利先生は、その四角いシーとをはがしていって他のメンバーに渡して、それをみんなが丁寧に天井にはってゆきます。
作業を始める前は"少しだけ進めとこう"だったのですが、作業を始めて少し経つとみんなの作業のはかどること、はかどること!!

私はシートのシール部分を少しだけはがしてゆくのですが、みんなのペースがどんどん早くなります!
せっせ せっせと めくります♫

そして思ったよりも早く完成しました✨
一人でやるよりも2人、3人、4人、5人と!
みんなが楽しく力を合わせて 取り組むと 物事はうまくはかどります♫
そして一番の気づきは、私もそこに加わってても邪魔にならずに参加できていること!
みんなのワクワクした雰囲気の流れにのると、私もいつのまにか動いてます♫

自分の役割がわかって動き出すと、次に何をしたら良いか?
なんて周りに聞かなくても自分で見つけられるようになるのかもしれません💕

そして一番の喜びは、共に学びあえる仲間と心地良く作業をなんだってこなしてゆけるようになってきたこと!
由利先生とまざーぐれいすのみんなに出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです💖🌱


小野 佐知子

後回しにしてしまうのは…

  • 2020年02月19日

  • 小野 佐知子

兵庫県 明石市 朝霧 カウンセリングルーム まざーぐれいすです。

まざーぐれいすでは、 一般の方の カウンセリング の仕事とともに、
ヒーラーさん セラピストさん カウンセラーさんの レベルアップのセミナーも同時に行っております。

いつも小さなまざーぐれいすに意識を向けてくださり、ありがとうございます。💐


貴方はよく何か物事を後回しにしてしまう癖ってありますか?
部屋の片付け、お掃除、メールの返信などなど…。
苦手だから、考えたくないから、逃げてしまいたいから…そんな理由がある人もいるでしょう。

私の場合は「嫌だから」という理由で後回しにするのではないようです。
むしろ逆で、じっくり腰をすえてやりたいから、ぞんざいにしたくないからこそ今じゃなく後でゆっくりやろう、って思ってしまう所があります。
そして気になりながらも「後で、ゆっくり」の時間を作るタイミングがどんどん遅くなってしまうのです。
「ちゃんとやりたいから」と思えば思うほど、時間が経てば経つほど、
気持ちはあるのにできなくなってしまう経験、
貴方にはありませんか?

私は楽器と遊ぶことや、文章を書くことが大好きです。
たぶん、楽器と遊び始めたり、文章を書き始めたりすると他のことなんてどうでもよくなってしまって、
やらなければならないことを全部ほっぽってしまいたくなるかもしれない?
そんなことになってしまいそうだから。 
ゆっくり、たっぷり、時間に余裕がある時に取り掛かることにしよっ。
…そしてその「じっくりやる時間」を作れなくて、思いだけが強くなるのに、
行動は止まったままになってしまうことがよくありました。
一度手が止まってしまうと、なかなか動けなくなってしまうようで…。

それで去年の秋の終わりごろに決心しました。
「じっくり」の時間はなかなかとれないかもしれないから、
「じっくり」を短い時間でいいから重ねてゆけば良いのかもしれない?と。

一日30分でも良いから、文章を書くこと。
本当は一気に文章を書ければ、それにこしたことはないけれど、次につなげるためにとりあえず5行ぐらいは書いてみよう♫
楽器を触るのも、毎日5分でも10分でも少しずつ毎日触ってみよう♫
例えば、夕方に30分だけでも触ることに決めてやると、不思議なことにその時間になるとむずむずしてくるのです。
そして短い時間でも「時間を作る」癖ができてきて、
一気にはできなくても少しずつ少しずつ、もっともっと、やりたくなって!
その時間を作れる自分になっていくような気がします。
そんなことを最近感じています。

嫌いだから、やりたくないから後回しにしてしまってできないのなら、
まあ、それは仕方がないことでしょう。
でもほんとはめっちゃやりたいこと、好きでやりたいことなのにやれなくて、そのままになってしまうことがあるとしたら?
それはとってももったいないことですよね。
 
大好きなのにやりたい気持ちや思いが満タンなのに!
何も出来ずに出来ない人に見えてしまうなんて残念でしょ?

とりあえずは少しずつ少しずつ積み重ねて行くこと!
行動してみること! 
それが後回しにしてしまわない秘訣なのかもしれないなって
そう感じている今日この頃です。


小野 佐知子

ちっちゃな先輩👶🏻👧🏻🧒🏻

  • 2020年02月16日

  • 小野 佐知子

兵庫県 明石市 朝霧 カウンセリングルーム まざーぐれいすです。

まざーぐれいすでは、 一般の方の カウンセリング の仕事とともに、
ヒーラーさん セラピストさん カウンセラーさんの レベルアップのセミナーも同時に行っております。

いつも小さなまざーぐれいすに意識を向けてくださり、ありがとうございます。💐



貴方のお近くに、小さなお子さんはいらっしゃいますか?
小さなお子さんや赤ちゃんを、のんびり眺めたりする事はありますか?
「あー」とか「おー」とか、まだ言葉にならない言葉を発する小さな子どもたちをのんびり眺めるのが私は大好きです♫

以前、友達とその友達の子ども1歳何ヶ月かのAくんと一緒にランチを食べたことがあります。
飲食店でのランチだったのですが、友達は周囲に迷惑をかけないようにと屋外の席に座りました。
Aくんは私の正面に座り、その隣に私の友達が座りました。
なんとなく、Aくんを眺めているとまだ月齢的に喋れないようです。
でも、楽しそうに声を発しながら何かしています。
ん?なんだろう?と眺めていると、やがて
「はぁあぁっ」ってまるで天使のため息のような声を発しました。

「どうしたの?何かハッピーなことでもあった?」と注目していると、
「わー、A君やめてください!」と友達は大慌て!!

Aくんはなんと、カップのスープをスプーンですくってはまき、すくってはテーブルの上に丁寧にまいていました!!

そして楽しそうな声と天使のため息👼
本当に可愛らしく満足げなため息でした♡

それからもAくんをじっと観察していると、
いろんなことに気づきました。

目が見えないので、相手の様子や表情が見ることができない私ですが、
Aくんが楽しそうな様子がよくわかりました。
なんて表現豊かな声を出すのでしょう‼️
まだ"お話しは出来ないお子さん"と思っていましたが、
満足げな天使のため息…
どんな笑顔なのかなどはっきりイメージできました。

Aくんはお母さんを困らせるためにスープをまいていたのではなく、
きっと何か達成感がありやっていて、その天使のため息だったのでしょう!

そんな楽しい気付きから、私は日頃から小さなお子さんたちの様子を「ちっちゃな先輩」と密かに呼びながら観察することにしています。

それまで小さな子たちとのご縁があまりなかった私は、街で耳にする小さな子どもの 
「うわあああー」
と癇癪を起こしてるような叫び声を聞くたびに、
「なんか気に食わないことがあったのね」
と思っていました。

でもAくんから、「俺の魂が喜んでいるぜ!」
という喜びの絶叫の時にも
「うわあああー」は発せられることがわかりました。

街で出会う絶叫のような声を出している小さな子たちを眺めていると、
ある時は「いやだぁ〜どうにかしてよぉ!いやなんだよぉ!」という癇癪の叫びのときもあれば、
「嬉しいよ〜めっちゃ嬉しくてたまらないようー」っていう、
雄たけびのときと色んなパターンを声色から感じます。


言葉を遣わずに見事な感情表現!!
いろんな表情が見えてきて楽しくて・・・素晴らしいです。

なぜ言葉を話せるようになってからしばらく経つと、自分の気持ちを表現するのが下手になってしまうのでしょうね?
ちっちゃな先輩たちは、あんなに見事に伸び伸びと自分を表現しているのに、大人になるとなんでこんなに不器用になってしまうのでしょうね。
もっと自分に正直に、もっと自分を好きで伸び伸びと!! 
大人であっても眺めているだけで周りがハッピーになれるようなそんな雰囲気で、もっと素敵な人生を歩んでいたいですね♫


小野 佐知子

その方の真心に感謝✨

  • 2020年02月14日

  • 小野 佐知子

兵庫県 明石市 朝霧 カウンセリングルーム まざーぐれいすです。

まざーぐれいすでは、 一般の方の カウンセリング の仕事とともに、
ヒーラーさん セラピストさん カウンセラーさんの レベルアップのセミナーも同時に行っております。

いつも小さなまざーぐれいすに意識を向けてくださり、ありがとうございます。💐



私はありがたいことに、1人で歩いていると手助けしてくださる人によく声を掛けていただきます。

「何かお手伝いできることはありますか?」
とか
「何かお困りなことはありませんか?」
など、本当にたくさんの方々に助けていただいています。

ある時、バスの中で私の肩を掴む方がいらっしゃいました。
一瞬、「えっ⁈」と驚いてしまいましたが、
「あれ?この感じ前にもどこかで…?」
と思い出していました。

以前にも、若い男の子が私の肩を掴んだことがありました。
あの時の若い男の子も、このバスで出会った方も、
「視覚障害の人…力になりたいけど、どうすれば良いんだろう…?」
と、焦りつつも思わず私の肩をむんずと掴んだのかもしれないね。

そう思うと、私はとっさに肩を掴んでた方に、
「いえいえ、肩を借りるのは私の方です♫」
って明るくその方の肩に手を置きました。

そうっ♫
一瞬「え?」と感じたことでも、その方の立場から感じてみると
「もしかしたら、この方にとってこんな経験は初めてのことで慣れていないのかもしれない。これが、この人の精一杯の親切なのかもしれないなぁ🍀」と思いました。

その方の真心に感謝です✨
わたしに意識を向けてくれてありがとうございます☆


小野 佐知子
 
 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. >

ご予約・お問い合わせは、お電話又はメールにてお受付しております。
また、ご予約のキャンセルは前日までお受付しております。

  • お電話でのお問い合わせ 078-913-7002 078-913-7002 営業時間:AM9:00~PM18:00 (定休日:不定期)

  • メールフォーム
  • スタッフ紹介
  • 店舗概要
  • インフォメーション
  • 受講生の体験相

ページトップへ