まざーぐれいすはカウンセリングと独特の方法で苦しみからの解放を促します。

受講生の体験談受講生の体験談

中村 温子
中村 温子

内側の自分と一致した私 2019年11月22日

私の気づきは、二つあります。

昨日のセッションで時間がなくて伝えられなかったことに対して、私の心が『もっともっと!』と、内側からこみ上げてくるものがありました。
ワクワクする探究心で時間を忘れるほどでした。

私の中で1番響いたところがあります。
それは、知識だけを頭に入れて満足してしまっていたということです。
私は 文章がうまくないからなぁ〜 とか、
完璧を求めてしまうが故、言葉に出すことに詰まってしまい、
結果、人に気持ちを上手く伝えることができていませんでした。
行動に移す前に、自分には“出来ない”と思い込んでしまっていたことが、自分自身の成長を妨げていたことに気がつきました。

いただいたメッセージの中に、

“あなたが思うベストの人生をどうやって実現させますか?”
真っ先に、いま自分がする事!したい事!は、
言語化する。伝える。シェアする。
これだ!と 思いました。
自分を認めて、許すとこんなにも楽に言葉がすらすら〜っと流れるように書けることがいまとっても楽しいです。
明確になったいま、もぅなんの戸惑いもありません。

心軽やかに、伝えられることにとっても爽快です。
喉のあたりもスーッとしています。
私の大切な目的使命を全うする為に、
これからも成長していきたい、自分に忠実な道を継続して歩んでいきます。
意識してなりたい自分を創造していきます。

もう一つの気づきは、
私は家事や日常生活において、“出来ないこと”に意識が向いていたことです。
『あ~、あの料理もぅ一品作りたかったけど出来なかったな。』
『今日中にあそこへ行きたかったけど、行けなかったな…。』 など。
思い返すと、自分自身に対しても周りの方へもマイナスのところばかりに意識が向いていたように思います。

これは チャンスですね!
セッションで学ばせていただき、出し方も教わっているおかげで、自分自身の内側をみて
光の中で包み 癒していくことができました。
ほんの小さなことでも“出来ること、出来たこと”に意識を向けていくと、とても心が晴れ晴れし、

『次はこれに挑戦しよう!これをもっと進めよう!』

そんな考えに繋げられ、より一層周りの方々を尊重し、心から感謝することが出来ますね。

優しく謙虚に愛をもって自分自身にも周りの方にも接していきたいと思います。

やろう!やりたい!と思える、好機 タイミングを大切に、
益々 磨き 精進していきたいと思います!いつも セッションで 学ばせていただく内容。
毎回 すごいな〜!!! と
学びの内容をとてつもなく偉大に感じ、大げさに言うと 他人事(?)のようなところもあったかもしれません。

どこか 日常に照らし合わせれず にいたなぁと いま感じました。
知識と学びのエッセンスは、日常に散りばめられているんですね。
教えていただいた学びを熟知し、日常のなかで キャッチできるかどうかは 自分次第だと感じました。
これからも、学びと通じる日々をしっかりとキャッチしていきたいと思います!!!


宮本先生 いつも溢れる愛を ありがとうございます。
今後とも どうぞよろしくお願いいたします!

中川 裕美子
中川 裕美子

気付きとともに変わってゆく私 2019年11月04日

2018年12月30日から、娘の勧めでまざーぐれいすにお世話になっております。

私は、結婚して22年間専業主婦でしたので、自分では、普通に子育てをし、楽しい家庭を築いていたつもりでした。
でも、子どもからみると、「お母さんは、自分の趣味ばかりに夢中で、ちっとも遊んでくれない、話も聞いてくれない、自分たちを見てくれない」親だったようで、子ども達の悩みや思いにも気付かず、漫然とした子育てをしてしまっていました。
お料理もこなし、可愛い服も着せ、お稽古事もさせ、お金には何の不自由もなく、人並みに子育てをしていたつもりでした。
物質的に裕福であっても、精神面で満たされない子育ては、その結果として、娘達の心の中に色々なトラウマや、マイナスな思いを抱えた人格を形成してしまったようです。

ゆり先生には、「あなたが悪いのではなくて、知らなかっただけよ。」と言って頂き、知らなかった事を恥じ、もっと愛情深い子育てをしてあげたかったと後悔し、同じような過ちを繰り返さないように、今、ゆり先生の元で、人生にとって何が大切かを学んでいます。

お陰様で、娘達も、ゆり先生の元で勉強する事によって、トラウマを解消し、本来の自分の人格を取り戻し、幼い頃の自分の経験を反面教師にし、幸せな家庭を築きつつあります。
本当にゆり先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

ゆり先生のセッションでは、色々な気付きを頂きます。
先日のセッションでは、今、自分の不足している部分に改めて気付かされました。

学んだこと、思ったことを、瞬時にまとめて言葉にする。言語化。

•••振り返れば、それは、学生時代から私にとって苦手な事でした。
決して真剣に聞いていない訳ではありません。
大事な言葉は頭に残っても、すぐにそれを組み立てて、自分の考えとして、文章にすることが上手に出来ない。それでは、自分の気持ちを人に伝えることなんか出来ませんよね。
上手く出来ないまま、何十年も逃げて来ていたと気付かされました。
意見を求められても、上手く言えなくて、「○○さんと、同じです。」と言って人の影に隠れていましたっけ•••。
これからは、日常生活の中で、言語化を習慣付けて行きたいと思います。

また、「裕美子さんはレベルアップしているよ。」と言われて、気持ちが緩んでいました。
その後の鍛錬を怠っていました。このままでは、せっかくレベルアップしても、調子に乗って下降していく人になる事は目に見えています。

「私じゃなければ誰がやるん!」
自分の軸を整え、瞑想の時間を持ち、内省・内観する。頑張ってやるんではなく、それが日常となるような生活に持っていきたいと思います。
本当に色々な気付きを与えて下さり、ありがとうございます。

これからも、どうぞよろしくお願い致します。

岡 幸平
岡 幸平

やっと僕の人生が始まった 2019年04月04日

私は高知県で生まれ、現在34歳です。
社会人になってから愛媛県松山市で介護福祉士として、病院で介護の仕事をさせていただいています。

書いてみると順風満帆、当たり前の人生のことのように思われるかもしれませんが、
実は今のように普通に過ごしていた訳ではありません。
小学生の頃は、椅子に座ることも出来ず、授業中もウロウロして叱られる日々でした。
授業もあまり理解が出来ず、虚しく毎日を過ごしていました。
自分では普通に接しているつもりなのに、
いじめられたり、意味なく嫌われたり…
自分が本当に相手に伝えたいことが伝わらない…
何か聞かれてもどう答えていいのかわからない…
誤解をあたえやすいのか、色んな人に理解をしてもらえずとにかく辛い子供時代を過ごしました。


成人して愛媛県に行ってからも、苦労の連続でした。
例えば起床だけをとっても、どんなに目覚まし時計をいくつ掛けても一人で起きれず26歳まで毎日家族に電話で起こしてもらっていました。

バイトや他の仕事に就いても、全てにおいて上手くいかず、なかなか長く勤めることが出来ませんでした。
自分の気持ちとは裏腹に、辞めざるをえなくなっていました。
その後は、少ない貯金を切り崩しながら生活をしていましたが、それも底を尽きかけていた頃、母親から兵庫県明石市の“まざーぐれいす“の話を聞きました。

始めは「あなたが上手くいかないのは霊に取り憑かれているから祓ってもらってきなさい」と言われました。
まるで凄腕の霊媒師に会えるイメージで恐る恐る“まざーぐれいす”を父に連れられて訪れました。

初めて訪れた日がちょうど27歳の誕生日でした。
「これで本当に上手くいくのか?オレは普通の人間になりたいだけなんだ!」と思っていました。

それが由利さんとの初めての出会いでした。
初めて会ったのに、その日が誕生日と知った由利さんの機転で急遽私の誕生日を祝ってくださいました。
それが3歳以来初めての誕生日祝いでした。
(それから毎年誕生日を“まざーぐれいす”でお祝いしてくださるのが恒例となっています。)

実際に私が経験している事は母の言葉とは全く違いました。

“まざーぐれいす”で体験した事は想像を超えるものでした。

自分には“自分”というものがなく、浮き草のように漂っていたと思います。
気長に聴いていただいた後、自分には強い思い込みや妄想があり、一度も心の内と向き合っていないことに気づきました。

“まざーぐれいす”は悪魔祓いの場所ではなかったのです!
祈祷やお祓いの類ではありませんでした!
もちろん壺も水晶も売っていませんでした!笑

今となっては笑い話です。

由利さんはただ長い間私が心に溜めていた気持ちを聴いてくれました。
「大変な中、よくここまで生きてきてくれたね。」とたくさん褒めてくださいました。
生きてきた中で今までにこんなに褒め続けてくれた人は初めてでした。
今でも小さな発見や気付きを我がことのように喜んでくださいます。

“まざーぐれいす”を訪れた次の日からとても不思議なことに、毎朝自分で起きれるようになりました。


翌月再び訪れた時は、あと一カ月で高知に帰るか?
ホームレスになるか?の選択を迫られる極限状態でした。

その時、由利さんと一緒にパソコンで愛媛県での職探しから始め、履歴書・初めての職務経歴書を提案してくださり作成しました。
スタッフの皆さんにもサポートをしていただき、すぐに展開がありました。

松山に帰った後、あれ程困難であった就活の採用が即決まり、しかも正社員でした。
希望であった正社員の職場ですが、
当時は今日も続いた…
一ヶ月続いた…
三ヶ月続いた…
と、祈るような気持ちで日々を過ごしていました。

“まざーぐれいす”に通い続けていることから、自分でも人生が変わってきているのがわかりました。

今も同じ病院に勤めております。
現在8年目で、患者さんや病院のスタッフさんから「岡くんなら大丈夫ね!」と、周りから頼りにしてくださるようになりました。
現在は介護主任を務めさせていただいています。

今まではバイトをしていてもいつ辞めさせられるかヒヤヒヤしながら勤めていたのが嘘のようです。
こんな不安定だった自分が、責任ある仕事に就けるようになっていることがありがたいなと、しみじみ思います。

“まざーぐれいす”と出会っておかげさまで、毎日をhappyに過ごさせていただいています。
2ヶ月に一度“まざーぐれいす”を訪れています。
いつも「ただいま!」とふるさとに帰る気持ちでドアを開けます。
今だに新鮮で楽しみです。

これからもよろしくお願いいたします。

かずき
かずき

本当の自分に出会えた私 2019年03月13日

私は愛媛県の田舎で二人兄妹の妹として生まれ育ちました。

物心ついた頃から、私には重度の 知的障害者の兄と過ごす時間が長く友達と遊ぶ時間が
ありませんでした。そのため友達もいませんでした。

どこかへ遊びに行こうと思っても兄を一人にはできず、我慢をしてる意識もなく、
それが当たり前だと思っていました。

私は昔から看護師になりたくて看護科がある高校に進学し准看護師の資格を取りました。

そして18歳から今の職場に就職し働き始めましたが生活は変わることなく、兄の世話をし、
給料も親に管理され自由に使うことはできませんでした。

今になってわかってきたことですが、当時の私は、自分がなくて…
一人になるのがただ怖く、子どものままに 時だけが過ぎていったように思います…

親の言いなりに動き、無感動な日々を過ごしていたと思いました。

思えば、家の近くの子たちが自由に 遊んでるのを見たとき時に
『遊べない』ことに対して兄を恨んで、兄を嫌いになったりしたこともありました。

30歳前になりやっと兄が専門の病院に入院することになりました。

ふと周りを見回した時、自分が世間と違うということに気がつきました。
そして 初めて出来た友人が自由にイキイキ輝いている姿を見て心がうごきました。

その友人がまざーぐれいすに 通っていることを知り『私も自由に生きたい』と強く思い、
まざーぐれいすを訪れました。

その頃の私にとっては、とてもとても勇気のいることでした。


初めての遠出でした。
そこで私は自分が知らないことの多さに驚いてしまいました。

子供の頃からの習慣で、常に顔色伺いながら人と会話をしていたので 自分を 表現すること
すら知りませんでした。

友人は私のことを『出来ごとの流れは読めるけど、それに対しての感情がない人』と
言っていました。

しかし学びを通して素直に自分のことがわかりはじめ、少しづつ気持ちを表現できるように
なりました。

いつもいつも緊張して会話していた自分が、心を開いて感じたら
楽しく話せるようになりました 。

長い間 感じることも許されず、人に依存して、例えば色のないような世界に生きてきた
私でしたが、2018年 4月からまざーぐれいすのみなさんの協力もあり、一人暮らしを
始めることができました。


昔の私はしてもらうことが当たり前でしたが 心をかけてもらったら心でお返しをしていく
仕組を少しづつ理解できるようになりました。

そして誰かの犠牲になって生きていくのではないのだと感じました。

本当の自分を 見つけることができ 今は様々な色のある 自分の人生を楽しんで生きています。

現在専門の病院に入院している兄には、少し離れ毎日祈りを送っています

これからももっと人間性を磨き、いつの日か、
自分の本当に夢も希望もあふれる、なりたい家族を作っていきたいです。


まざーぐれいすに来れていなかったらどうなってたか、、、と思うと、本当にゾッとします。

由利先生、まざーぐれいすの皆様に、
そして、連れて来てくれた友人に感謝しかありません。
本当にありがとうございます。

みき
みき

私は、通い始めてまだ5回目の新人です 2019年01月31日

元々、心理学に興味を持っていました。

妹から、ゆり先生の所に通い始めたと聞かされた時、
初めは「大丈夫なのかな?」と少し心配していました。
しかし、会う度にキラキラしていく妹の姿を目の当たりにして、そんな思いはいつの間にか消えていました。

昔は自分に自信を持てなかったはずの妹が、活き活きと目を輝かせ、明るい未来に向かって突き進もうとしている。
第六感なんて無いはずの私でも、そのキラキラしたエネルギーと溢れ出す愛情を感じる事はたやすい事でした。

私も妹のようにキラキラになりたい。

自然とそう考えるようになり、家族の事で悩んで体調を崩し始めたタイミングで、学び始めました。

まだまだ始めたばかりですが、今まで、自分がどれだけ狭い視野で、小さい世界を生きてきたのか分かってきました。
そして、周りのせいにして自分は被害者ぶっていましたが、全ては自分の思考が作り出した事、というのも少しずつ理解してきました。

自分の感情を、少し離れた所から冷静に見つめる、というのも、簡単ではないですが、知っているだけで全然違いました。
以前と比べて、主人に対しても、子どもに対しても、大らかに接する事ができるようになってきています。

子どもには幸せな人生を歩んでほしい。
その土台を作るのが親の役目です。
愛に溢れた幸せな家族になれるように、これからもっともっとたくさんの事を勉強させて頂きたいと思っています。
とっても楽しみです。

関 晴美
関 晴美

「まざーぐれいすに出会って」 2019年01月15日

私は、自分というものがうまく表現できなくて、人との関係もその場しのぎでしか生きていない自分に嫌になっていた時に、
知人の紹介でまざーぐれいすで学ばせていただく機会を得ました。
毎回その学びは、なるほど人生のしくみとはそういうことかと、深い理解が起こりました
まず、私は、自分が無知で何も知らないということを知らず、何も知らないということを学び、謙虚に生きることが大事だと、
恥ずかしながら40歳を過ぎ改めて気づかされました。
それから、自分がどこに焦点を当てて生きて行くか?
自分が焦点を当てたものを受け取ると学んだ時は、すごい衝撃でした。
それまでの私は、嫌、苦手などマイナス部分に焦点を当てて生きてきたことに気づかされました。
それからは、プラスの部分に焦点を当てるようになると、どんどん気持ちが明るくなり、楽しくなっていく自分がいました。
そして、信用と信頼は違うと学んだ時もすごい気づきでした。
信用はこれだけ○○したから、きっとできるだろう。
でも信頼は、○○できないかもしれないけど、その人の中に力があり、乗り越えていくだろうとそれ以来、子供たちが失敗したり、うまくいかなくて、
しんどい時があっても、彼らの中に乗り越える力があると信頼して手放すと、彼らはちゃんと乗り越えて成長していくことに感動しました。
これらの学びはほんの一部で、まだまだ色々な学び、気づきが、まざーぐれいすで学び始めて8年ほど経った今でもたくさんあります。
まだまだ未熟で落ち込んだり、嫌なことを引きずったりすることもありますが、そこから気づきがあり、また成長していく自分があり、
マイナスな出来事からも感謝を得られるようになりました。
由利先生のすぐそばで人となりも学ばせていただき、人と人は紡いでいくものであると体感し、私も家族、友人を大事にして紡いでいきたいと思えるようになれたことに感謝です。

関 優汰
関 優汰

「どこに焦点をあてて生きていくか」 2019年01月15日

まざーぐれいすと出会うきっかけは大学4回生のとき母の紹介でした。

ちょうど大学の弓道部の主将になって間もない頃でした。

主将として、技術だけでなく、精神面も学びたいと思っていたので、セッションに通うようになりました。

弓道部に入部してから一つ年上の先輩やOB方と、うまく関係が築けず、腹を立てたり、ぐちをこぼす日々がずっと続いており、好きなはずの弓道を嫌いになりかけたこともありました。

そんな中通い始めたまざーぐれいすで、様々な学びをしました。

その中でも特に心に残っていることは、「人は出来事によって幸せや不幸になるわけではなく、自分の捉え方、受け止め方によるものだ」ということです。

起きた現象に対してどこに焦点をあて、どう捉えるかということです。

私は今まで、「チームが一つになって優勝を目指す」ということに目を向けず、先輩がたとの諍いにばかり目を向けていたことに気づきました。

やはりそれではチームはうまくいかないと、まざーぐれいすでの学びで痛感しました。

弓道部の先輩やOBの方々と折り合いがつかなかったことも、結局はその人達のせいではなく自分が焦点を当てるべきところが違っていたからでした。

9月に行われた弓道部の夏合宿では、今まで折り合いが付かず嫌いだったOBの方々とも、まざーぐれいすでの学びによってこれまで以上に良い関係を築くことができ、とても充実した合宿になりました。

部活動だけでなく、社会人になった今でもまざーぐれいすでの学びを実践することによって、充実した日々を過ごすことができています。

仕事においても、1番精神的に辛い時も何度も乗り越えることができました。

辛いこと、悲しいこと、腹が立つことばかりに焦点を当てるのではなく、楽しいこと、嬉しいこと、幸せなことに焦点を当てて生きていく人生の方がとても素晴らしいと思います。

まざーぐれいすに出会えたことは人生でとても大事な宝物です。

(1994年生まれ 現在、恋人募集中)

博美さん
博美さん

「~周りも自分をも苦しめていたのは…実は私だった~」 2019年01月12日

【私を認めてくれない人々】と思い込んで周りの人々を苦しめ、自分自身も心身共に痛手を負っていました。

まざーぐれいすとの出会いで、それらの全ての原因が私のエゴだったことに気付かされました。

それは妄想に過ぎなかったのです。

ひとつひとつ丁寧に時間をかけて愛をかけて私の目を覚まさせ、
【自分自身を許し、自分自身を愛する世界に】
お導きくださいました。


おかげさまで日々の中で新鮮な気分で小さな発見をしたり、感動したり…
今一瞬、一瞬
【品格を持ち丁寧に生きる】
上質生活を踏み出せるようになりました。

私は日々感謝と感動の中にいます。
本当にありがとうございます。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。

彩花さん
彩花さん

「ありのままの自分を抱きしめる…」 2018年12月23日

私は長い間、

愛されるため(失望されないため)

認められるため(否定されないため)

褒められるため(責められないため)

好かれるため(嫌われないため)

そのために、

正しくあろうとし、

素晴らしくあろうとし、

有能であろうとし、

ちゃんとしようとし、

間違いをしないように…。


ちゃんとしない人や

正しくない人を

否定したり…

顔色を伺ってばかりで、



心に蓋をし、鍵をかけ、長い間

本来の自分を閉じ込めていました。


まざーぐれーすで由利先生の大きな愛に触れ、

エゴに囚われ怖れていたものは全て幻だった事に気づかせて頂きました。



先生のおかげで未熟だった自分を認め、許し、愛し、エゴではなく光の中で本来の自分に戻り光に焦点を当てる事ができました。


まざーぐれーすでの学びや気づきはどれも大切な宝物です。由利先生と出会えた事、
共に学べる事に感謝の気持ちでいっぱいです。

柴崎 容賀子
柴崎 容賀子

「まざーぐれいすに出会って」 2018年12月03日

仕事がスムーズに進まないのは何か心に引っかかりがあるからじゃないかな…

一度 真剣に自らと向き合い、血反吐を吐くほど、奥底にある溜まったものを出し切ってみてはどうだろう。

ある人にそう言われてまざーぐれいすに辿り着いたのが10年前。

その頃、ネットワークビジネスの世界で成功することを夢見て

自己啓発系のセミナーに熱心に通い

日々奮闘していた私は

自分の中にある無意識なものを吐き出す…?意味もわからないまま

藁をも掴む思いで まざーぐれいすの扉を開いたのです

私の何が悪いんだろう

どうしてこんなに苦しいのだろう

今、感じている問題点を洗いざらい先生に話していくうちに

自分の奥底にあるトゲやウミを見て見ぬ振りしていたことに気づかされました。

そこから自分の中のトゲを抜き、溜まりに溜まったゴミを大掃除していく作業が始まります。

スッキリきれいになると

明確に見えてきた問題

まず、自分はどうなりたいのか

どういう結果を心から望むのか…

自分で気付き、学び

自らの力で解決していく術を教わります。

まざーぐれいすは問題を解決してくれるところではありません。

自立するためのサポートをしてくれる学び舎なのです。

ひとつ解決したと思ってもまた、次々と新たな問題がやってきます。

だけど、学んだ人は必要以上に驚いたり悩んだりしません。

まざーぐれいすで生き方の術を知った人は

“これは何の学びかしら?”

と冷静に自分と向き合います。

何がモヤっと引っかかるのか

モヤっとした箇所から

自分の問題点に気付き

癒していくことで

自らの力で乗り越えていくことができます。

一度、生き方の術を知ったら

もう通わなくてもいいのでは?

頭でわかっていても

長年、自分を形成していた考え方のくせはそう簡単には変えられませんでした。

何度も何度も

先生とのセッションを重ねました。

これでよいのか、毎回答え合わせをするかのように…

私自身、長い月日をかけて

先生やスタッフの皆様があたたかく見守り受け止めて下さったおかげで

変わっていくことができました。

いまでもメンテナンスや

軌道修正が必要なため

定期的に通いお世話になっています。

今では随分と生きる事が楽になり

自分の生き方、使命も見えてきました。

経験豊かで

あらゆる変化に対応できるしなやかさ、

底なしに深い母の愛をもつ宮本先生をはじめ、

その愛に賛同して導かれるように集まったスタッフの皆様に心より感謝いたします。

そしてこのまざーぐれいすで学んだ仲間として私ができること

自分が変わって

家族が変わった

周りが変わって

関わる人や環境が変わった

みんなが生きやすい世の中になったら

どんなに幸せなことでしょう

小さな力かもしれませんが

たくさんのまざーぐれいすエッセンスを

みんなに届けていきます。

ありがとうございます。

ご予約・お問い合わせは、お電話又はメールにてお受付しております。
また、ご予約のキャンセルは前日までお受付しております。

  • お電話でのお問い合わせ 078-913-7002 078-913-7002 営業時間:AM9:00~PM18:00 (定休日:不定期)

  • メールフォーム
  • スタッフ紹介
  • 店舗概要
  • インフォメーション
  • 受講生の体験相

ページトップへ